読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

才能ない脳

♡北欧館に住もうとおもうの♡

TOKYO BLACK HOLE

□僕がからっぽだって話(とトーキョーブラックホール

 思えば、はじめてブログを書いたとき、僕は何者かになれると思ってました。僕はふつう程度に愚かで馬鹿でした。何者かになるための手段として、ブログを選んだ、ような。そんなありふれた手段で特別になろうとしていた、ような。そのころの僕はまだ自分がホモだって認めたくなくて、でもまともには生きられないことはなんとなくわかってて、毎日毎日、幸せになれないなら今すぐ死にたい、みたいな記事を飽きもせず更新してたよね。あの頃のブログは燃やしてしまったけれど、きっともう要らないものしかそこにはないんだと思う。

 あれからいろんなことがあったね。大学に行くって決めたとき、東京を選んでよかったね。わかったような顔した人に病気だって言われたり、たくさんの人に嫌いだって言われたりしたけれど、それ以上に得難い経験が出来たよね。たぶんね。

 その得難い経験ていうのがもう、なんだかよくわかんなくなっちゃったけど、東京にいた頃、たくさんたくさんセックスしました。今では、出会い系アプリに性行為が好きです、なんて書けるようになっちゃって。性行為依存症と言っても差し支えない域だったと思います、正直な話。(田舎じゃただセックスするのもたいへんだもんね)

 憂鬱も絶望も退屈も憎悪もぜんぶあったけれど、東京で暮らすことができてよかったです。って、僕は確かに言いました。


踊ってばかりの国『東京』PV (フルサイズ)

 でもやっぱり僕にはなんにもないままでした。

 セックスがどう、てのはね、誰かと関わること、触れ合うことでしか、自分の価値とか意味とかキャラクターとか確認できない脆弱な自己しかなかったからだとおもうよ。だって、ほとんどすべての娯楽が他者依存だったんだもの。だれかといるときにしか自分がどんな人間かわからなかったのに、誰にも会えない場所に帰ってきちゃったんだもの。なにもない、どころか、自分がよくわからない。

 弾けないギターを弾きたい、文才があるような気がする、根拠のない自信。なにもしないからなんにもないのか、みたいな話になると、だってなにもしたくないし、て少しだけ思ってる。なにもないことにどこか逃げ込んでいるような気も少しあって。なにかをもってる人だとか、何者かになれた人にはわからないこのうつろな気持ち。無気力さ、やるせなさ。みんな忘れていっちゃうね。身体が重い。

 怠け者で、自己中心的で、頭が足りない僕にはそれ相応の結末しか残ってないみたいで、それが少しだけ、悔しい。もうやる気もないみたいだし、しかたない、のかな。

 漫画家になりたかったし、バンドマンになりたかったし、なにもないなら、なにもないなりに、毎日日記を書いたりしたかった。人並みに誰かを好きになって、恋だってしてみたかった。でももう、一生このままなんにもないことがわかってきたでしょ。

 ね、もう今年で25歳なのもわけわかんないよね。精神的には中学生か高校生のそれから一向に進歩してないのも笑えないよね。

 東京、東京、トウキョウって僕、この一年間馬鹿みたいに唱え続けてました。実際4回くらいかな、遊びにも行って、ゲイの友達とも会ったりして、自分にはちゃんと居場所があって、友達だっている、って思い込もうとしてました。でももう無理。友達だった人たちは新しいコミュニティでよろしくやってる。よくよく考えたらそんなに仲良くなかったのかもしれない、なんて、やめてよ、悲しくなるよ。


大森靖子「TOKYO BLACK HOLE」MusicClip

 東京では、暮らせない。なぜなら東京で暮らしていくには、僕はあまりにも怠け者で、自己中心的で、頭が足りないからです。もっと言ってしまえば、働けないということ。

 それじゃあダメだよ(僕が知っている東京のニートはみんな実家住まいだ)。

 

 大森靖子小山田壮平やoimoboyやよしみちゃんやいかすみちゃんに憧れてこうしてブログだけは、っておもっているけどそれだってひどく脆い。なにかひとつでも生きていけるだけの才能が欲しい。努力できる才能はもっと欲しい。