読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

才能ない脳

♡北欧館に住もうとおもうの♡

□最近のカップ麺はうまい

 さくらがさいている。ことしはこのはながちるまで、だれかといっしょにながめることもないだろう。

 

 僕がいいな、と感じるような才能がある人は自己表現をする。当たり前の話だけど、それは表現するから僕まで届く、見えている。なら、僕も表現を、ああ、と気づく。表現するためのスキルがないだけではない。僕には、表現するような自己はないのだ。

 (遅いよ、気がつくのが)

 

 高校生だった頃からずっと思っていたことがある。僕が精神の不全や発達のバランスの不揃いさ含め、人間の出来損ないであるとするなら、きっとゲイですらいられてはない。最初から同じステージに立っていないのだ。だから恋も生活も、自分には難しい。

 (でもそれってセルフハンディキャッピングじゃないの)

 

 3月末、恋人に別れを切り出した。2人の間に恋愛感情はもうないけれど、もう少し一緒にいようかということになった。これからは恋人をもっと頼ろうと思った。利用するのではなく、きちんと頼れたならいい。いつかパートナーと呼べるようになりたい。

 (身の程知らずな欲望ばかりだね)

 

 言い訳くらいさせてくれ。